小顔ダイエット

むくみはないか、脂肪はないか、筋肉は強ばっていないかなど、自分の顔をよくチェックしましょう。


小顔ダイエット

小顔ダイエットの前に
顔太りタイプをチェック
エクササイズで小顔ダイエット
小顔ダイエットにはメイクとサプリメント


スポンサードリンク
 小顔ダイエット
 

 顔太りタイプをチェック


[むくみ]
血液やリンパ液の循環が悪くなり、水分の排泄がスムーズにいかなくなった状態です。対策として、利尿作用のあるカリウム(バナナ、アボカド、キュウリなど)、食物繊維(きのこ類、海草類など)を多く含んだ食品を摂って新陳代謝をアップさせるようにしてください。また、腎臓の働きを強くする食品を摂る(豆類、黒ゴマなど)ことも必要です。 そして、疲れや寝不足に注意しましょう。


[脂肪太り]
全身の肥満によって顔が丸くなるのが特徴です。運動して脂肪を燃焼させることはもちろん、血流促進効果、脂肪分解を促進させる食品を摂る(生姜、ニンニク、黒コショウ、唐辛子など)ようにしましょう。果物なら、柑橘系の中でも比較的糖分の少ないグレープフルーツがおすすめです。


[筋肉のゆるみ]
年代にかかわらず、喜怒哀楽の表情に乏しい生活をしていると、サスペンダーの役割をしている表情筋が衰え、頬やアゴをたるませてしまいます。よく笑い、よく喋るように毎日の表情筋トレーニングが必要です。 法令線対策には、柔軟組織・弾力性組織の元となるコラーゲン(鳥皮、豚骨スープ、ゼリーなど)を摂るようにしましょう。


[固太り]
歯ぎしりや食いしばりが原因で顔の筋肉が固まり、輪郭が大きくなってしまっている状態です。ストレスが原因となることも多いため、アロマテラピーやハーブティーなどでリラックスするようにしましょう。 また硬直した筋肉を柔らかくする酢や、活性酸素を抑えるビタミンEを多く含むナッツ類を摂取するのが良いようです。


[骨格のゆがみ]
腰や背骨のゆがみや姿勢の悪さが原因で、顔の骨格がゆがんでしまって、顔太りに見えることがあります。鏡を見て、目や眉の高さ、法令線の長さ、口角の高さが左右対称かどうかをチェックすれば、骨格のゆがみがわかります。猫背、脚を組む、頬杖をつく、同じ側ばかりで物を噛むなどしないように注意してください。体のゆがみや歯の噛み合わせなど細かい点は、整体師や歯科医など専門家に見てもらったほうが安心です。



 
 小顔ダイエット
  小顔ダイエットの前に

  顔太りタイプをチェック

  エクササイズで小顔ダイエット

  小顔ダイエットにはメイクとサプリメント

  
 

Copyright (C) 2012 小顔ダイエット All Rights Reserved.